2月のBGM

  • 2007.02.04 Sunday
  • 00:48
こんにちは。
DJ NEVOです。またわたしでごめんなさい。
2月から心機一転!まったく新しいBGMを流しています。

Sunken Treasure: Live in the Pacific Northwest
Sunken Treasure: Live in the Pacific Northwest

アメリカの実力派バンド「WILCO」の中心人物、JEFF TWEEDYのソロライブ※を2月から流しています。
もちろんこの「WILCO」というバンドの音が凄く最高なのですが、このソロライブではすごくシンプルにただ、一人のアメリカ人が、ギターを持ってステージで歌っているのです。こう言葉にすると普通ですが、このライブを聴くと、そのシンプルさがものすごく繊細な面もちで伝わってくるのです。

このJEFF TWEEDYの場合は、やっぱり声、というのが一番にぐっとくるのですが、メロディの良さというのもまた醍醐味であります。そしてこのライブの最高にステキなところは、「間(ま)」です。間と空気がすごいんです。その間は観客とJEFFとの「間(ま)」であり、「間(あいだ)」であります。この質感というか雰囲気というか、その間から生まれている何かが、とても感動を与えるのです。

特にそれが強く出ている曲は
「sunken treasure」「heavy metal drummer」「theologians」あたりの曲ですかね。

この人を知っていた人はあまり多くはないかもしれませんが、是非機会があったら聴いてみてくださいませ.
アコースティックギターとハーモニカと声、という3つの楽器でこんなにも分厚いサウンドなのはライブならではでありますし、このJEFF TWEEDYという男の音楽への愛情と存在感です。
途中で自身のバンドのギタリストやドラマーをゲストに呼ぶなどがあり、聞き所満載です。



そうそうライブといえば、「四人楽団」のライブがついに明日ですね。
すごく楽しみにしています。まとい亭に来ているみなさんは行かないのかな?
(四人楽団のブログでもこのJEFF TWEEDYが取り上げられているが、勧めたのはこのわたしです。)

というわけでして、弾き語りのライブだから、少々聴き取りづらくはあるかもしれませんが、ちょっと耳をすまして聴いてみてください、

※本作品はDVDでライブ映像なのですが、特典で楽曲がダウンロードできるものが付いていて、それを流している物です。

DJ NEVOのご挨拶

  • 2007.01.26 Friday
  • 13:38
あけまして、おくれまして、おめでたうございます。

旅には出ておりません。 DJ NEVOでございます。今年もよろしくお願いします。

さてさて、去年の暮れあたりからまとい亭でヘビーローテーションしている音楽を、今回は解説致します。
とっても問い合わせが多いこのレコードは、実は販売してはおりません。



日本に「バンバンバザール」というバンドがいることはみなさんご存じでしょうか?その素晴らしいバンドが、オリジナルアルバムやライブなどでカバーしている楽曲のオリジナルを編集して作った、オムニバスレコードだったのです。
この「バンバンバザール」というバンドは、古いジャズナンバー達に日本語をつけて、手を出しにくい”JAZZ”という音楽の良さを、音楽という楽しさや切なさを、伝えてくれます。
もちろんバンバンバザール作の楽曲達も素晴らしいものばかりなのですが、JAZZのカバーの仕方という物がとても独特なんですね。(特に日本語歌詞が)

東京メトロのライブで最近大盛況の無料ライブもやっておりました。このバンド、ライブが凄いんです。ほんと〜うに凄い。演奏がうまく、トークが腹の底から笑えるし、歌声も素晴らしい。
これほどまでに皆さんにオススメしたいバンドはそうありません。そして記念すべき日本のバンドはこれが初めてです。みなさん一度ホームページに遊びに行ってください。視聴も出来ますので。

http://www.ban-ban-bazar.com/

それと僕の友達三四郎君のバンド「四人楽団」。いよいよ来週ライブですね。先日スタジオに遊びに行ってきましたが、もうこれまたすごいことになってました。より洗練されましたね、曲も演奏も。
みなさんも一度遊びに行ってみてはいかがですか?でも残念な事に、2/4のライブ以降は当分やらないみたいですね。少し寂しいです。

このブログ、あまりわたし書かないのですが、店主ともメールぐらいでしか今やりとりも出来ていません。
だから反響というものがあまりわからないので、少し淋しいです。問い合わせも多いとのことなので書いてるのですが…。まとい亭に来てくれる皆様は読んでくれてるのかな?

とっても寂しがり屋のDJ NEVOより

John Lennon

  • 2006.12.08 Friday
  • 12:35
こんにちは。DJ NEVOです。
本日はJohn Lennonの命日です。去年は「ロックンロール」というアルバムを御紹介しましたが、今年はこれです


Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon
Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon


ベスト版です。イマジンから始まるこのアルバム。
優しいジョンから怒りのジョンまで、ジョンのソロはビートルズの頃とはまた全然別物なので、一度聴いてみてはいかがでしょうか。

まとい亭では主に冬かけることが多いようです。
聞き所は、「スターティング・オーバー」「ウーマン」に代表されるあの優しく暖かい声、これが夜のまとい亭にかかるとまたこれがぐっとくるのですね。
やはりソロ作ではヨーコへの「愛」、世界への「怒り」がテーマになているよう思います。それは誰にでもあてはまる感情。愛する気持ちと何かに対する怒り。それをメロディに乗っけて歌っている一人のイギリス人のアルバム。ただビートルズがあり、ここまで知名度をあげてしまって見逃しがちだけれど、ジョンがヨーコに抱きつく写真なんかはただの甘えん坊のおっさんという気持ちの悪い光景なわけです。
でもやはりこの人の創り出すメロディは素晴らしく切ないのです。それはこの人でないとできませんし、この人の声もしかり。こんな声の持ち主はまずいません。

そんなハッピーでメロウでロックンロールでアングリーなジョンの歌声を聴きながら、まとい亭でカフェオレ飲みながら、黒糖プリンでも食べに今日行って来ようかなぁ、一人で…(一人でしか言ったことナイヨー、オーレはひーとりだよーイツモダヨー)。


それでもソーディーシージークリスマス♪と流れると一人でもにんまりしてしまうDJ NEVOより、ジョンの命日へ

A CHRISTMAS GIFT FOR YOU

  • 2006.12.07 Thursday
  • 12:47
まとい亭ブログをご覧のみなさま、こんにちは。
1年間アメ〜リカはカルフォルニアのグレンデイルという街に佇んでいた

DJ NEVOです。「は?誰?」とか「まとい亭に関係有るの?」とかいう非難の声はどうぞ飲みこんで下さい。ごめんなさい。まとい亭BGMを担当しております。
帰ってきたら、待合室はリフォームされているわ、客席増えてるわで少々混乱気味でござんす。

いきなり仕事で行かなくてはならなくなり、帰る帰ると思いつつ、なんと1年も過ぎてしまいました、北川店主申し訳ないです。あと三人楽団の三四郎さん、DVDのコメントいかがでしたか?グレンデイルでの周りの評判もなかなかでしたよ。来年はずっと日本にいるのでライブ楽しみです。"DREAM ON MY MIND"で僕も「YEAH!!!!」と叫びたいです。とりあえずは路上ライブ行きます。

HI!How are you?てなわけで、去年に紹介したかったアルバムを御紹介致します。

A Christmas Gift for You from Phil Spector
A Christmas Gift for You from Phil Spector
Phil Spector

こちらのレコード、問い合わせが非常に多いようです。それもそのはず!!フィルスペクターというグラサンがホットな歌い手(ロネッツ、ダーレンラブ、クリスタルズなど)を集めて、ハイセンスなクリスマスソング演奏をパックした超名盤なわけですから。このグラサンは当時1963年頃、「ウォール・オブ・サウンド」という音を重ねて分厚い音を創り出すということで一世を風靡した名プロデューサー。ビートルズ以前にいい音楽を創っていた天才ですね。(のちにビートルズの「レットイットビー」をまとめ上げて発表した。ジョン、ジョージには誉められたが、ポールには豪華にしすぎと批判されたが)
Darlene Loveの「White Christmas」から始める。ここに入っているクリスマスソングはメロディが良質なのです。それにロックの畑のフィル”グラサン”スペクターがアレンジしてしまったからさあ大変。
そのメロディの良さは、先日の日曜日、冬の青空でも見に行こうかと散歩に出掛けるDJ NEVO。そこに三世帯家族が歌を歌いながらこっちに向かってくる。三世帯だから結構7,8人いるのだが、なにやら歌(鼻歌気味に)を孫を連れたばあちゃんが歌っている。それにつられみなさん歌い出す。「 Rudolph The Red-Nosed Reindeer」。最初は私も気付かず、「3世帯で歌えるようなポップソングなんてあるのか?なんだか聴いたことあるようなないような。お母さんと娘はまだしも、ばあちゃんが歌えてるなんていったいどんなポップスだ?」とよく耳を澄ますと、「真っ赤なおっはっなっの〜」♪

なるほどですね。そりゃばあちゃんも歌えるはずでした。みんなが楽しいクリスマスソングですものね。と合点がいった。
そうなんですね〜。ばあちゃんから3歳の子供まで、誰でも好きな超普遍的なポップソング、それがこのレコードに収録されているソング達。
グラサンはこの普遍達に、スネアドラムを打ち込みます。ロネッツ達もどんどんソウルフルなうねりで歌います。とっても景気のいいこのクリスマスソング達と一緒に、まとい亭でおいしいパスタとワインで乾杯のあとにイチゴのショートでも…食べたいなあ、ステキな女性達と…。

帰って参りました、DJ NEVOをこれからもよろしく!!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

十
 (JUGEMレビュー »)
バンバンバザール
世紀の名曲「マリアッチ」収録の
バンバンバザール史上最高傑作!!
ナチョスチップス〜!!

recommend

オデッセイ・アンド・オラクル(紙ジャケット仕様)
オデッセイ・アンド・オラクル(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ザ・ゾンビーズ
コリンブランストーンの声!!
辞書を読んでも泣かす声。

recommend

Jonathan Richman & the Modern Lovers
Jonathan Richman & the Modern Lovers (JUGEMレビュー »)
Jonathan Richman
おすすめロックンローラーナンバーワン!!

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM